パパ活で相手の奥さんから訴えられたらどうしよう…慰謝料請求されないためにすることは

パパ活女子によくある悩み

パパ活で相手の奥さんから訴えられたらどうしよう…。慰謝料請求されたら最悪だし…もし訴えられたらいくら請求されるんだろう…

パパ活女子の一番の心配事ってやっぱりこれですよね。実際、私もパパ活を始める前は正直かなり不安がありました。

 

これを読めば解決すること

・相手の奥さんから慰謝料請求されることってあるか?

・どれくらい請求されるのか?

・訴えられないためにはどうすればいいのか?

パパ活歴7年で一度も訴えられたことがない私が詳しく説明します。これを読めばもう不安になることはありませんよ。

この記事を書いたのは私です

名前:みく 年齢:26歳 学歴:法学部卒 職業:事務職

大学1年生(19歳)からパパ活を始めて7年目。お手当の最高額は月45万円、現在は月々30万円ほどのお手当を頂いております。法律にも知識があるので違法にならないパパ活を発信しています。 好きな花:桜(夜桜)

 

 

パパ活で訴えられるケース

 

既婚者パパさんと体の関係になってしまった場合

たまに体の関係アリの場合もありますが、基本的にパパ活は体の関係ナシの付き合い方です。

 

どんな場合でも既婚者の男性と体の関係を持ってしまったら、奥さんとしては浮気、不倫ということになります。

 

例えどんな事情があったとしても言い訳できない、つまり訴えられても仕方ないってことです。

 

高額なお手当をもらっていた場合

パパ活でもらっているお手当は常識の範囲以内(お手当の相場程度)であれば特に問題ないですし、訴えられることはまずないでしょう。

 

でも注意しなくてはいけないのは、パパさんを自己破産や自殺などに追い込んでしまうほど、たくさんお金をもらっていた場合、その場合は訴えられる可能性があります。

 

 

パパ活で訴えられないためには

 

既婚者パパさんとは体の関係(肉体関係)にならないこと!

パパさんと一緒にいたりお食事をしていただけでは訴えられることはまずありません。

 

もし訴えられたとしても慰謝料(=示談金)は数万円程度でしょう。

 

しかし既婚者パパさんと体の関係を持ってしまっていた場合、訴えられる可能性は高くなりますし、払う慰謝料も高くなります。

 

それを防ぐには初回顔合わせの前、または定期パパ契約前に「体に触れる行為はしない」と約束してもらうことです。

 

エッチは勿論、キス、エスコートの時に腰に手を回したりもNGにしておきましょう。

 

また約束はしていたけど口説かれたり強引に押し切られたりされないよう、もし誘われたらキッパリと断る準備はしておきましょう。

 

訴えられたくなければ、既婚者パパさんとは絶対に体の関係にならないことです。

 

 

メールやLINEの履歴は削除しない

パパさんとはメールやLINEなどで連絡を取り合っていると思いますが、これらのメッセージの履歴は削除しないようにしましょう!

 

パパさんとの間のメッセージは後々大事な証拠になる可能性があるからです。

 

もし訴えられた場合、それらを証拠として提出すればあなたが不倫相手ではないことの証拠になり、慰謝料を払う義務もないことになるからです。

 

 

慰謝料請求ってどれくらい?

 

不倫の慰謝料(=示談金)請求額

もし訴えられて慰謝料請求されたらどれくらいの額なのか知っておきたいですよね。

 

一般的に不倫や浮気で慰謝料(=示談金)の請求額は100万~200万円が目安とされています。

 

しかしそれは不倫の状況や訴える相手の収入などによって変わってきます。

 

示談金を決める要素

・不倫期間・頻度

・態度(嘘や開き直り)

・夫婦の状況・子供年齢

・社会的立場や収入

・相手が既婚者だと知っていたか

 

「不倫期間・頻度」は当然不倫期間が長ければ深い関係と見られますし、月に1回会っていたというより、毎日会っていたというほうがより深い関係だと見られます。

 

「態度」というのは奥さんに嘘をついていた、騙していたなど、また浮気して何が悪いんだ!なんて開き直った態度だと悪質だと見られます。

 

「夫婦の状況・子供年齢」は夫婦間で夜の営みが何年もなかったりする場合はある程度仕方ないと見なされる場合があります。また子供が小さいのに不倫をしていたというのは悪質だと見られます。

 

「社会的立場や収入」は例えば芸能人や政治家など社会的に地位がある人が不倫をした場合と、一般人が不倫をした場合では示談金の額は当然違ってきますよね。

 

「相手が既婚者だと知っていたか」は相手が独身だと聞かされていたが、実は既婚者だったという場合は逆に男性側を訴えることもできます。

 

請求相手

請求する相手ですが、奥さんとして訴えるのは「共同不貞行為」として夫、不倫相手の女性、またはその両方に対して請求できます。

 

100%あなたへ請求されるという訳ではないんですね。

 

例えば夫に200万円、または夫と不倫相手の女性に100万円づつ請求することもできます。

 

しかし、夫と不倫相手の女性に両方から200円ずつ請求する、いわゆる二重請求はできません。

 

先ほども言ったように裁判所は訴えられた側の収入を判断して、示談金は最大でも200万円程度です。

 

この最大でも200万円を安く捉えるか高く捉えるかはあなた次第ですが、決して人生を棒に振ってしまうような額ではなく、いくらでもやり直しが効く金額だと私は思います。

 

 

体の関係をもってしまった場合はどうしたらいいか?

 

もうパパさんと体の関係になっちゃってます、っていう人は諦めるしかないの?

 

いいえ、そんなことはないですよ。まずはあなたがパパさんに恋愛感情がないことをメールかLINEで伝えましょう。

 

直接話したり電話で話をしたりしては証拠が残らないので、証拠を残すためにメールかLINEで伝えてください。そしてパパさんに二度と体の関係をもたないことを約束してもらいましょう。

 

体の関係をもってしまった事実は変えることは出来ないです。でも反省の気持ちを相手に伝えておくことはとっても大事なことです。

 

もし裁判になった場合でも「自分は関係を続けることが拒んだけれど相手がそれを拒否した」って言える証拠になりますからね。

 

基本的に女性は社会的に弱い立場ですから、女性が反省して訴えれば最悪の事態だけは避けられるはずですよ。

 

ちなみに私はこの記事に書いたことに注意しているので、今まで訴えられたことはないですよv

 


パパ活で奥さんに訴えられたらどうしようと心配している女子は多いと思います。でも体の関係がなければ例え訴えられても大丈夫ということなんです。

何かあった時のためにもメールやLINEのメッセージは残しておこうね!あともらうお手当はほどほどにね!

まとめ

 

肉体関係をもたなければ相手の奥さんから訴えられることはまずありません。

 

万が一訴えられてもメールやLINEのメッセージを残しておけば身の潔白を証明することができます。必ずメッセージは残しておくようにしましょうね。

 

例え肉体関係がなかったとしても、お手当をもらいすぎてたら訴えられてしまうことがあります。お手当は常識の範囲内の相場程度にしましょう。

お悩み解決 Check!

いかかでしたか?お悩み解決できましたか?

私がパパ活をはじめた頃から愛用しているおすすめのパパ活サイトはこちらです。ぜひお役に立てればと思います。

おすすめパパ活サイトリンク(18禁)

  • ユニバース倶楽部

    年収1,000万以上の男性しかいないパパ活サイト。専属コンシェルジュがあなたをサポートしてくれます。目標に向かって貯金したい人におすすめです。

  • ワクワクメール

    24時間サポート体制なので初心者の方も安心!入会してすぐに相手を探せるから、すぐにお手当が必要な方におすすめ。

  • PCMAX

    会員数1,400万人!初心者に優しく分かりやすいサイトなのでパパ活はじめるならPCMAXがベスト。すぐにお金が必要な方におすすめです。